ホーム » Instagram » インスタアプリにログインできないのはなぜ?6つの原因と対処法を徹底解説

InstagramSNSマーケティング

インスタアプリにログインできないのはなぜ?6つの原因と対処法を徹底解説

2022年12月07日

企業でSNS運用を行う場合、キャンペーンの告知や定期投稿など、スケジュールをずらせない場合も多くあります。 そのタイミングで「急にインスタグラムにログインできなくなってしまった」などの状況も十分にあり […]

企業でSNS運用を行う場合、キャンペーンの告知や定期投稿など、スケジュールをずらせない場合も多くあります。

そのタイミングで「急にインスタグラムにログインできなくなってしまった」などの状況も十分にありえます。

非常に焦ってしまうかもしれませんが、ログインできなくなったのには何らかの理由があります。

本記事では、インスタグラムにログインできなくなった際の原因と対処法を解説します。

万が一ログインできなくなった場合にも冷静に対処できるよう努めましょう。

\インスタグラムのフォロワーを増やす方法/

明日から実践できるノウハウプレゼント中

インスタグラムにログインできない原因と対処法

インスタグラムにログインできない際は、下記の原因が考えられます。

  1. ユーザーネームやパスワードが間違っている
  2. 電波状況が悪く、通信がスムーズに行えていない
  3. インスタグラムアプリのバージョンが更新されていない
  4. 他のデバイスで同時にログインしようとしている
  5. インスタグラムのサーバー側に問題が発生している
  6. アカウントが乗っ取られている

すぐに対処できるものから、自分ではどうしようもないものまでありますが、ログインできない際は、まず原因を探ることから始めてください。

対処法は、各章で詳しく解説します。

1. ユーザーネームやパスワードが間違っている

ログイン画面に入力したユーザーネームやパスワードが、どちらか一方でも間違っているとログインできません。

「正確に入力したはずなのにログインできない」という場合は、下記のようなよくあるミスをしていないか注意して、再度入力しましょう

  • 大文字と小文字を間違えている
  • ユーザーネームの1文字目に@を入力している(ログイン時には不要)
  • 変更前のパスワードを入力している

またスマートフォンで入力する際は、本来入力したい文字の隣をタップしてしまい、ログイン情報が間違って入力される可能性もあります。

落ち着いて入力してください。

アプリがアップデートされた直後は、再度ユーザーネームとパスワードの入力を求められる場合があります。

アップデート後の再ログイン時であれば、原因の1つと考えてください。

2. 電波状況が悪く、通信がスムーズに行えていない

電波状況が悪くしっかりと通信できていない状態だと、ログインできない場合があります。

モバイル回線の電波が弱い場合は分かりやすいですが、Wi-Fiに繋いでいる場合は注意してください。

Wi-Fiの電波は十分にキャッチしていても、通信自体が十分に行われていない場合があります。

また、機内モードに設定したままになっていると、スマートフォンが通信をしないため当然ログインできません。

電波状態と通信に関する設定を確認しましょう。

3. インスタグラムアプリのバージョンが更新されていない

インスタグラムアプリのバージョンが古いままになっていると、不具合の原因になりログインできない可能性があります。

特に、自動アップデートを設定していない場合は、気付かずに古いバージョンのまま使用しているかもしれません。

最新版をダウンロードし、アプリのアップデートをおこないましょう。

4. 他のデバイスで同時にログインしようとしている

企業アカウントなどで複数の人が同じアカウントを管理している場合、異なるデバイスや場所で同時にログインをすることがあります。

この際、アカウントの乗っ取りなど何らかの不正が起きたのではないかと判断され、ログインが制限される場合があるのです。

尚、インスタグラムを所有するMeta Platforms社から「同時ログインが問題になる」などの明確な言及はありません。

しかし実際にエラーが起きているため、原因のひとつになり得ると認識しておきましょう。

5. インスタグラムのサーバー側に問題が発生している

インスタグラム側にサーバートラブルやネットワーク障害などが起きていると、正しくログインできなくなる場合があります。

この場合は自己解決は不可能のため、問題が解決するまで待ちましょう。

またインターネット上には、大手SNSのサーバートラブルなどに関する情報を交換しているサイトもあります。

複数の対処法を試してみてもログインできない場合は、こうした情報なども探ってみるのもいいかもしれません。

ただし、あくまで非公式情報なので、利用は自己責任の範疇で行ってください。

6. アカウントが乗っ取られている

インスタグラムはユーザー数の多いSNSで、FacebookやTwitterと同様にアカウントの乗っ取り被害が多発しています。

何者かにアカウントを乗っ取られてパスワードを変更されると、正規のユーザーがログインできなくなります。

乗っ取られている可能性がある場合は、速やかにパスワードのリセットなどをおこないましょう。

また、被害の拡大を防ぐため、運営への問い合わせもおこなってください。

問い合わせは、メニューから設定を開き「ヘルプ」→「問題を報告」の手順で行えます。

問題を報告するまでの手順を説明している

インスタグラムにログインできない事態を防ぐためにやるべきこと

日頃から使っているアカウントに突然ログインできなくなると、つい焦ってしまう場合もあるでしょう。

特に重要な投稿をする際、トラブルに遭ってしまうと大変です。

「急にログインできない」事態を防ぐために、日頃から備えておくべきポイントを紹介します。

ユーザーネームやパスワードを控えておく

ユーザーネームやパスワードは、必ず控えておきましょう。

最近はパスワード管理アプリなども充実しているため、複数のアカウントを活用している場合は、業務効率化のために導入しましょう。

簡単なパスワードは覚えやすいですが、乗っ取りの被害に遭うリスクも高くなるため控えましょう。

複雑な文字列にしておき、アカウント運用者だけが分かるところに控えておくと安心です。

パスワードを定期的に更新する

アカウントの安全性を高めるためにも、定期的にパスワードを変更しましょう。

適切な頻度は特に定められていませんが「3カ月に1度」などと定め、ルーティーン化しておくと忘れずに行えます。

パスワードを変更する際は、企業や個人から特定できる可能性がある下記の項目は避けた方が無難です。

  • 自身の誕生日
  • ユーザーネームの一部
  • 電話番号

また、他のSNSやツールなどと同じパスワードに設定することも避けましょう。

インスタグラムアプリの更新設定を自動にする

企業アカウントの場合はキャンペーンの打ち出しなど、タイミングが決まっている場合も多いはずです。

直前にアップデートが必要になると、その時刻に間に合わない危険性があります。

自動にアップデートされるようになっていれば、常に最新状態でインスタグラムを使用できるだけでなく、アップデートの手間も省けます。

ユーザーネームやパスワードを忘れた場合の対処法

控えの紛失やパスワード管理アプリの不具合など、ログイン情報が不明となる危険性は十分にあります。

万が一、ユーザーネームやパスワードを忘れた場合の対処法を紹介しますので、焦らず対応できるようしっかりと確認してください。

電話番号やメールアドレスでログインする

インスタグラムはユーザーネームの代わりに、メールアドレスや電話番号でもログインが可能です。

もしユーザーネームが分からない場合は、代わりにメールアドレスや電話番号を入力してみましょう。

メールアドレスや電話番号でログイン可能

Facebookでログインする

Facebookアカウントを持っていて、インスタグラムアカウントと紐づいている場合は、Faacebookアカウントでのログインも可能です。

ログイン画面の下に「Facebookアカウントでログイン」のボタンが表示されるので、アカウントを入力しましょう。

Faacebookアカウントでログイン可能

関連記事:インスタグラムに問い合わせる方法を紹介!ヘルプセンターの使い方も分かりやすく解説

インスタグラムにログインできない場合は原因を見極め冷静に対処しよう

インスタグラムにログインできない場合、考えられる原因はある程度絞られます。

運営側の問題など、自分ではどうしようもない場合もありますが、環境や設定で解決する場合がほとんどのため、焦らずに今回紹介した対処法を試してみてください。

また、万が一ログインできずにアカウントが使用できなくならないよう、日頃からユーザーネームとパスワードの管理は徹底しておくと安心です。

基本的にどちらも揃っていれば、問題なくログインできるはずです。

冷静に原因を見極め、対処するようにしてください。

この記事を共有する