ホーム » Twitter » 【法人担当者向け】Twitterモーメントとは?集客に効果的な使用方法を紹介!

TwitterSNSマーケティング

【法人担当者向け】Twitterモーメントとは?集客に効果的な使用方法を紹介!

2022年09月09日

Twitterモーメントとは、ツイートの「まとめ」ができる機能です。 正しく使用し、ユーザーにとって有益なモーメントを作成できれば、売上拡大や認知拡大に繋がります。 しかし、正しい活用方法や注意点を知 […]

Twitterモーメントとは、ツイートの「まとめ」ができる機能です。

正しく使用し、ユーザーにとって有益なモーメントを作成できれば、売上拡大や認知拡大に繋がります。

しかし、正しい活用方法や注意点を知らなければ、最大限の効果を望めません。

本記事では、

  • Twitterモーメントの概要
  • Twitterモーメントの効果的な活用方法、注意点
  • Twitterモーメントの作成方法

などを紹介します。

Twitterモーメントとは

Twitterのモーメントとは、自分や他ユーザーのツイートを自由にまとめられる機能のことです。

タイムライン上では、ツイートがどんどん流れていくため、特定のツイートを見返すことが難しくなっています。

そんな中、気になるツイートを後から見返しやすくするための機能が「モーメント」です。

具体的には、以下のような使い方をします。

  • キャンペーン情報のまとめ
  • お役立ち情報のまとめ
  • 購入予定商品のまとめ

一般ユーザーは、気になる商品やお役立ち情報をまとめることで、生活のサポート機能として利用することができます。

企業はモーメントを使用することで、ユーザーが自社商品にどれくらい興味があるのかを調査できます。

一般ユーザー、企業ともに、Twitterを利用する上では非常に便利な機能です。

また作成したモーメントは、モーメントのURLをTwitter上やブログなどで公開することで、他ユーザーとの共有も可能です。

Twitterモーメントの効果的な活用方法

Twitterモーメントの効果的な活用方法は以下の3つです。

  • 商品情報やキャンペーンを一括管理できる
  • Twitterモーメントへの反応をマーケティング施策に反映できる
  • ツイートを簡単に振り返ることができる

自社の商品やサービスの良さをアピールするために、必ず抑えておきましょう。

商品情報やキャンペーンを一括管理できる

Twitterで商品やキャンペーンの情報を配信する場合、いくつかのツイートに分けての配信が一般的です。

しかし、Twitterのタイムラインは新しいツイートが次々と表示されるため、折角のツイートを見逃されてしまう可能性もあります。

少しずつ情報を開示して期待を高めるツイートを設計しても、1つ見逃されてしまうと効果は半減してしまいます。

一連のツイートをモーメントとしてまとめ「〇〇キャンペーンのまとめはこちら」といったツイートをプロフィールに固定しておくことで、興味を持っているユーザーが確実に一連の情報を得られる状態を作りましょう。

また、中には途中のツイートを見て興味を持つユーザーもいるはずです。

一連の情報を1つにまとめておくことは、企業側の都合だけではなく「情報を最初から見直したい」というユーザーへのホスピタリティでもあります。

Twitterモーメントへの反応をマーケティング施策に反映できる

マーケティングにおける「プロダクトローンチ」という言葉をご存じでしょうか。

単純に「商品の新発売」という意味にも捉えられますが、この場合は「商品の発売前から見込み客を集め、発売と同時に一気に売上を作る」手法を指します。

プロダクトローンチには「見込み客を集める」「継続的な情報発信で見込み客を育てる」というステップがありますが、Twitterでの情報発信とモーメントによるまとめは、このステップにおいて力を発揮します。

プロダクトローンチは無形商材と相性が良いとされていますが、特にtoBの商品を取り扱う企業は、導入を検討してください。

対企業の商品は高額になりやすいため、検討段階から購入に至るまで時間を要する場合が多いです。

発売予定の商品情報を定期的にツイートすることで検討段階の時間を与え、モーメントにまとめて度々ユーザーの目に触れさせることで、購買意欲を高められます。

購入に至るまでナーチャリングに時間がかかるtoB商品に、Twitterやモーメントの効果に期待できそうです。

ツイートを簡単に振り返ることができる

Twitterはフォローしているユーザーのツイートが時系列で表示される(※)ため、特定のツイートのみを改めて見返すことが困難です。

ブックマーク機能で気になった投稿を保存しておくことはできますが、商品やキャンペーン毎に分けることはできません。

モーメントでまとめることで、自分や他ユーザーのツイートを後で見返しやすくなります。

例えば、以下のような使い方ができます。

  • 興味のある店や旅行先に関するツイートをまとめておき、後で参考にする
  • 自分の作品をまとめて、ポートフォリオにする
  • イベントに関するツイートをまとめておき、当日の参加者にURLを送る

モーメントにまとめて、ユーザー情報の収集を簡単に行いましょう。

(※)この他、人気の高さやフォローしているアカウントからの反応で並び順が変わることもあります。

Twitterモーメントを利用する上での注意点

モーメントは、企業がTwitter運用を行なう上で必ず活用したい機能の1つです。

しかしモーメントは、通常のツイートとは違う特有の注意点が3つあります。

  • iPhoneやAndroidのスマホアプリから作成できない
  • 元ツイートの投稿者に通知される
  • 違反報告される可能性がある

特に他ユーザーのツイートを扱う場合もあるため、自社の投稿以上に注意を払う必要があります。

注意点を把握したうえで、最大限に活用しましょう。

iOSやAndroidのスマホアプリから作成できない

現在、Twitterモーメントは「Google Chrome」や「FireFox」といったブラウザ上でのみ作成できます。

モーメント機能がリリースされてからしばらくはiOSやAndroidアプリでも作成可能でしたが、2018年10月以降、Twitter社はモーメント以外の機能開発に注力するためにサービス提供を中止しました。

参考:Twitter japan

ブラウザ版でもモーメントの作成は可能ですが、使いやすさの点ではアプリに劣ります。

業務でモーメントを作成する必要がある場合、パソコンを使えるタイミングでないと効率が落ちる可能性がある点に注意しましょう。

元ツイートの投稿者に通知される

公開モーメントを作成すると、モーメントに追加したツイートの投稿者には「あなたのツイートがモーメントに追加されました」と通知が届きます。

モーメントのリンクも同時に通知されるため、どのようなモーメントに追加されたかは投稿者も把握できます。

キャンペーンや商品情報を集めただけのモーメントであれば、投稿者に通知が届いても問題ないかもしれません。

しかし、次回のキャンペーンや商品開発のためにユーザー情報を収集したいなどの後ろめたい気持ちがある場合、相手に通知が届いてしまうと「情報を抜き取られている」と感じられてしまう可能性があります。

情報の収集を目的としているのであれば、モーメントは非公開設定で作成しましょう。

違反報告される可能性がある

Twitterでは、投稿内容に以下のようなコンテンツが含まれている場合、違反報告される可能性があります。

  • 個人情報の投稿に関する違反
  • 攻撃的な行為
  • ヘイト行為
  • 強烈な身体的脅迫
  • 自傷行為 

モーメントに追加しているツイートが違反報告されてしまうと、たとえ自社が作成したツイートでなくてもアカウントがロックされてしまう可能性があります。

例えば、自社のアカウント「A」がアカウント「B」のツイートをモーメントに追加したとします。

追加後、Bのツイートが違反報告されてしまうと、BだけでなくAのアカウントがロックされる場合がある、ということです。

アカウントがロックされると、ユーザーからの信頼度が低下します。

公開モーメントに他ユーザーのツイートを追加する場合は、1つひとつツイート内容を精査してから追加しましょう。

参考:ヘルプセンター|違反の報告

参考:ヘルプセンター|モーメントを作る方法

Twitterモーメントの作成方法

Twitterモーメントの作成方法は以下の通りです。本記事ではパソコンでの作成方法を紹介します。

  1. ブラウザでTwitter(​​https://twitter.com)を表示させる。
  1. 左側に表示されている「もっと見る」をクリックする。
左側に表示されている「もっと見る」をクリック
  1. 「モーメント」をクリックする。
「モーメント」をクリック
  1. 「作成」をクリックする。
「作成」をクリック
  1. ツイートの追加方法を選択する。
ツイートの追加方法を選択

以下4つの方法でツイートを検索できます。

  • いいねしたツイート
  • アカウント別ツイート
  • ツイート検索
  • コレクションID

今回の例では、ツイート検索を使用し「キャンペーン」で表示されるツイートを選択しました。

  1. ツイートを選択し保存する。
ツイートを選択し保存
引用元:https://twitter.com/Pizza_Hut_Japan/status/1561324149431275520
引用元:https://twitter.com/daiichilife_QOL/status/1560852377745272832

ツイートを選択し「追加」をクリックするとモーメントに追加されます。

黄色い枠の部分で、追加するツイートを先頭に入れるのか末尾にいれるのかを選択できます。

  1. 公開範囲を選択し保存する。
公開範囲を選択し保存
引用元:https://twitter.com/Pizza_Hut_Japan/status/1561324149431275520
引用元:https://twitter.com/sanyobussan

非公開にしたい場合は、公開せず「非公開」を選択すれば、公開されずに保存されます。

よくある質問

最後に、Twitterモーメントを使用する上でよくある質問に回答します。

Twitterモーメントは情報収集のための優秀な機能です。

使いこなせれば、集客に効果的なTwitter運用を行えるでしょう。

また、キャンペーン情報をまとめたり、マーケティングに活かしたりと企業情報の発信にも役立ちます。

Twitterモーメントは廃止された?

モーメントは、2018年10月をもってアプリでの作成機能が廃止されましたが、サービス自体がなくなったわけではありません。

ブラウザ上であれば、現在でも問題なく作成可能です。

モーメントを作成する場合は、Webブラウザでしか作成できないことを覚えておきましょう。

Twitterモーメントは非公開にできる?

モーメントは公開後も、以下の方法で非公開にできます。

「Twitterモーメントの作成方法」と同じ方法で3まで進めたあと、作成したモーメントの鉛筆マークをクリックします。

作成したモーメントの鉛筆マークをクリック
引用元:https://twitter.com/Pizza_Hut_Japan/status/1561324149431275520

その後、右上の歯車マークを選択します。

右上の歯車マークを選択
引用元:https://twitter.com/Pizza_Hut_Japan/status/1561324149431275520

公開設定の画面が表示されたら、非公開を選択し保存をクリックします。

非公開を選択し保存をクリック
引用元:https://twitter.com/Pizza_Hut_Japan/status/1561324149431275520

一度公開しても非公開にできるため、安心してモーメントの作成を行いましょう。

Twitterモーメントはどうやって検索するの?

モーメントには「url:twitter.com/i/moments」という共通のURLが設定されているため、上記のワードをTwitterで検索することで、公開されているモーメントが一覧で表示されます。

自社で作成したモーメントの他に、他社のモーメントや個人ユーザーのモーメントも参考にしたいという方もいるでしょう。

ターゲット層が似ている会社のモーメントは自社のモーメントの参考にすることで、よりユーザーが興味をもつモーメントを作成できます。

ユーザーへの検索機能も活用してみるのがおすすめです。

Twitterモーメントカレンダーとは何?

Twitterモーメントカレンダーとは、Twitter上での盛り上がりが予想されるイベントを記載したカレンダーのことです。

ハロウィンや猫の日などのカジュアルな話題から、オリンピック、などの世界的な話題まで網羅してます。

Twitterモーメントカレンダーを活用することで、時事に合わせた内容を考えた投稿ができます。

Twitter運用を行なう企業は必ず抑えておきましょう。

特定の相手にTwitterモーメントのURLを共有できる?

TwitterモーメントのURLを共有することで、特定の相手が閲覧できるようになります。

以下の方法でURLの共有が可能です。

モーメントのページから「・・・」をクリックし「Twitterで表示」をクリックします。

「Twitterで表示」をクリック

画像記載のマークをクリックし、リンクをコピーします。

リンクをコピー
引用元:https://twitter.com/Pizza_Hut_Japan/status/1561324149431275520

URLをコピーした後は、モーメントを共有したい相手に送信しましょう

Twitterモーメントは、自社や他ユーザーのツイートを自由にカテゴリーごとに分けてまとめられる便利な機能です。

商品情報やキャンペーン情報を整理したり、リアルなユーザーの情報を集めたりと活用法は多岐に渡ります。

また、公開したモーメントは表示回数やいいね数を把握できる「エンゲージメント」を活用することでユーザーに刺さる投稿が作成できます。

Twitterモーメントを活用して、自社の価値を高められるようなTwitter運用を行っていきましょう。

この記事を共有する