ホーム » Twitter » 【企業向け】Twitterのハッシュタグ(付け方)とは?効果的な使い方やメリットを解説

TwitterSNSマーケティング

【企業向け】Twitterのハッシュタグ(付け方)とは?効果的な使い方やメリットを解説

2022年09月12日

ハッシュタグとは、単語の前に付けて使用する「#」のことです。 タイムラインを見ると、他のユーザーが「#」を付けていることも多いのではないでしょうか。 ハッシュタグは、2007年にChris Messi […]

ハッシュタグとは、単語の前に付けて使用する「#」のことです。

タイムラインを見ると、他のユーザーが「#」を付けていることも多いのではないでしょうか。

ハッシュタグは、2007年にChris Messinaというユーザーが、Barcampというイベントで「#を使って投稿しよう」と呼びかけたのが始まりです。

現在Twitterのハッシュタグは、ブランディングや採用、マーケティングを目的に多くの企業が使用しています。

しかし、企業によってはハッシュタグの正しい使い方ができておらず、プロモーションの拡大やブランディングが成功していません。

本記事では、Twitterのハッシュタグを正しく付けて、インプレッション数やエンゲージメント数を向上させる方法を解説します。

Twitterのハッシュタグの付け方

Twitterのハッシュタグの付け方は、単語の前に「#」を入力するだけです。

「#ビジネス」のように入力することで、単語がハッシュタグ化されます。

Twitterのハッシュタグの付け方
https://twitter.com/InjTKDgwtJDbUwO/status/1560811118834159617より引用

ハッシュタグを付けると、反映された単語が上記のように青くなります。

反映された「#ビジネス」をタップすると、他の「#ビジネス」が付いているツイートを瞬時に検索することが可能です。

ただし「Google Play」のようにスペースを含む単語の場合、2つをつなげなければ「Google」のみ反映されます。

Twitterのハッシュタグの付け方

ハッシュタグを正確に反映させるためには、スペースがない単語の前に「#」を付ける必要があります。

Twitterのハッシュタグの付け方に関するコツ

Twitterにハッシュタグを付けるうえで、エンゲージメント数の向上につなげるためのコツを覚えておくことが大切です。

  • ユーザーに人気のハッシュタグを付ける
  • ツイート内容とハッシュタグの内容を関連づける

人気のハッシュタグを付けることで、インプレッション数が増加します。

また、ツイートがタイムラインに多く表示されれば、自社の商品やサービスの拡散につながるでしょう。

ユーザーに人気のハッシュタグを付ける

ユーザーに人気のハッシュタグを付けることで、インプレッション数を向上させることが可能です。

人気のハッシュタグは、トレンドから確認できます。

トレンドはアルゴリズムによって決定され、注目されているトピックが選出されます。

例えば、2022年8月19日は金曜ロードショーで「となりのトトロ」が放送されていました。

同日は「#となりのトトロ」が付けられたツイートが130,412件も投稿されました。

ユーザーに人気のハッシュタグを付ける

トレンドのハッシュタグは、ユーザーのタイムラインに表示される確率が高いため、インプレッション数の向上が見込めます。

ただし、ハッシュタグはツイートの内容に紐づける必要があります。

ただ単に人気のハッシュタグを付けても、商品やプロモーションなどの成約につながりにくいことに留意しましょう。

ツイート内容とハッシュタグの内容を関連づける

ツイートの内容とハッシュタグの内容を紐付けることで、エンゲージメントにつながるユーザーへツイートが拡散されます。

ハッシュタグはツイートの内容によって、明確にターゲットを定めて使用することが可能です。

ターゲットに合わせたハッシュタグを使用することで、ユーザーのニーズに刺さります。

結果、ツイートに記載しているリンクへのアクセスや、プロフィールへのリーチにつながるでしょう。

以下のユーザーは、フロントエンドエンジニアを募集するツイートに「#エンジニア転職」や「#採用」などを含めています。

ツイート内容とハッシュタグの内容を関連づける
https://twitter.com/hitoeeeeeeee/status/1501148152967368704より引用

エンジニアを採用したいという目的が明確に読み取れる、ハッシュタグの事例です。

転職を希望するエンジニアが検索しそうなハッシュタグを使用しています。

そして、ツイートに会社HPやリンクを記載することで、応募へ誘導していることが分かります。

ユーザーの検索意図を読み取った上でハッシュタグを使用し、ツイート内容と関連づけることで、成約率の向上につながるでしょう。

Twitterでハッシュタグを付ける意味・メリット

Twitterでハッシュタグを付ける意味・メリットは、以下の4つが挙げられます。

  • 広範囲のユーザーにリーチできる
  • プロモーションへの参加を促せる
  • 情報収集が容易になる
  • 企業のブランディングに活用できる

広範囲のユーザーにリーチできる

ハッシュタグ付きのツイートは、ツイートが拡散されやすいため、広範囲のユーザーにリーチすることが可能です。

ハッシュタグには、同様のハッシュタグが付いているツイートを一覧で表示させる機能があります。

フォロワー以外にもツイートが届くため、インプレッション数が増え、プロフィールにリーチされる確率も高まるでしょう。

ツイートの拡散には、人気のハッシュタグを使用することが効果的です。

ただし、人気のハッシュタグはツイートの投稿量が多いため、タイムラインに埋もれやすくなります。

そのため、エンゲージメント率の向上を目的とするならば、あくまでもツイートの内容に関連するハッシュタグを使用することが重要です。

プロモーションへの参加を促せる

ハッシュタグを利用することで、ユーザーにプロモーションへの参加を促せます。

Twitterでプロモーションを実施する方法は、ユーザーに自社が指定するハッシュタグを付けて、ツイートを投稿してもらうだけです。

自社のWebサイトに会員登録することが参加条件となっているプロモーションに比べて、ユーザーに参加してもらいやすいのです。

ハッシュタグを利用したプロモーションは、以下があります。

ハッシュタグを利用したプロモーション
引用元:https://twitter.com/InjTKDgwtJDbUwO/status/1560811118834159617

上記は、ノートPCのプロモーションツイートです。

ハッシュタグに自社の名称や商品名を付けて拡散してもらうことで、認知拡大と販促につなげられるでしょう。

ただし、ユーザーにとってプロモーションに参加するメリットが無い場合、ハッシュタグは使用してもらえません。

そのため、プロモーションへの参加を促すためには、商品のプレゼントやサービスの無料利用などの特典を提示することが大切です。

情報収集が容易になる

ハッシュタグを検索することで、必要な情報だけが含まれているツイートだけを表示させられる可能性があります。

ハッシュタグは、ツイート内容に関連するものが使用されがちです。

ハッシュタグを使用することで、不要な情報をタイムラインに表示させないことが可能です。

例えば、自社のプロモーションの感想や評価を知りたい場合は、ユーザーに社名や商品名のハッシュタグ付きツイートを投稿させましょう。

ユーザーに独自性のあるハッシュタグを付けさせることで、関連性の薄いツイートが表示されにくくなります。

また、感想や評価を知りたい場合は、ツイートの内容に感想や評価を記載する旨を伝えましょう。

自社の目的に合うようにユーザーに行動を促すことも大切です。

企業のブランディングに活用できる

自社の商品や理念に関するオリジナルハッシュタグを使用することで、自社の商品やサービス、理念を消費者に認知させることが可能です。

ハッシュタグを使用したツイートは、付いていないツイートに比べて拡散されます。

しかし、Twitterでは、毎日大量のツイートが投稿されているため、人気のハッシュタグのみを使用していると、他社と差別化ができません。

ユーザーに商品が認知されにくくなり、ブランディングにつながらない可能性もあります。

企業はブランディングをするために、キャッチーなオリジナルハッシュタグを付けることが求められるのです。

ローソンでは、Lチキ ヤンニョムだれ味のプロモーションを実施するときに「#ローソン旨辛サマー」というハッシュタグを使用しています。

企業のブランディングに活用
引用元:https://twitter.com/akiko_lawson/status/1560446977766309888

上記から、ローソンが「夏といばLチキ ヤンニョム味」というポジションを明確化させようとしていることが分かります。

ただし、新規のハッシュタグは認知がないため、ユーザーに浸透するまでに時間がかかるでしょう。

そのため、オリジナルハッシュタグは、人気のハッシュタグと併用して使用してください。

Twitterのハッシュタグの付け方に関する注意点

 Twitterのハッシュタグを付けるときに注意すべきことを解説します。

  • 「#」はシャープではなく、ナンバー
  • ハッシュタグを多く付けすぎない
  • ツイートと関連性のないハッシュタグは避ける
  • ハッシュタグに句読点やスペースは入れられない

「#」はシャープではなくナンバー

記号には「♯」シャープと「#」ナンバーがあります。

このうちハッシュタグとして使用されるのは「#」ナンバーです。

シャープとナンバーを誤って使用すると単語がハッシュタグ化されず、ツイートが拡散されにくくなります。

例えば、ツイートを拡散させて、ユーザーにプロモーションの参加を促したいとします。

ハッシュタグをつけ忘れると、見込み顧客にツイートが届かず、損失につながるでしょう。

そのため、ツイートを投稿する前には、ハッシュタグが「#」ナンバーであるかを確認することが大切です。

ハッシュタグは、反映されていなければ単語が青くならないので、簡単に見分けられます。

ハッシュタグを多く付けすぎない

ハッシュタグは多くても2つまでにしておきましょう。

欧州のマーケティング会社の調査によると、ハッシュタグが3つ以上付いているツイートは、エンゲージメント率が17%も低下するとあります。

また、ハッシュタグを多く付けすぎると、拡散目的のスパムツイートと勘違いされて、読み飛ばされることも考えられるでしょう。

ハッシュタグは、ハッシュタグが付いていないツイートに比べて、拡散力があります。

ハッシュタグを多く付けすぎると、ユーザーにスパムとして認識されやすくなります。

結果、企業のマイナスイメージにつながる可能性が高まるでしょう。

上記の理由から、Twitterのハッシュタグは、ツイートの内容に関連するもの2つまでに厳選する必要があります。

参考:How to Use Hashtags: How Many, Best Ones, and Where to Use Them

参考:ハッシュタグの使用方法

ツイートと関連性のないハッシュタグは避ける

関連性のないハッシュタグを使用するとツイートがターゲットに届きにくくなり、エンゲージメント率が下がります。

美容商品を拡散するのに、まったく関係ない「#エンジニア採用」のハッシュタグを使用したとします。

「#エンジニア採用」で検索するユーザーは、転職を考えているユーザーが多いので、美容商品を求めていないことでしょう。

結果的にツイートに反応を示してもらえる確率が下がり、売上の低下につながります。

そのためハッシュタグは、ツイートの内容と関連性のあるものを使用する必要があります。

ハッシュタグに句読点やスペースは入れられない

ハッシュタグの後に、句読点やスペースを入れると、正常に機能しません。

ハッシュタグの後は、切れ間なく単語を続ける必要があります。

ハッシュタグに句読点やスペースは入れられない

スペースや句読点が入力されている単語は、ハッシュタグが反映されておらず、一部またはすべてが青くなりません。

反映されていない状態で、ハッシュタグを使用するとツイートが拡散されにくくなり、プロモーション効果が薄れます。

ハッシュタグを正しく使用するためには、句読点やスペースを入れないようにしましょう。

参考:ハッシュタグの使用方法

Twitterのハッシュタグに関するよくある質問

 Twitterのハッシュタグに関するよくある質問にお答えします。

  • ハッシュタグが青くならない原因は?
  • ハッシュタグが意味ないといわれる理由は?
  • 小ネタ:ハッシュタグを一覧で検索する方法とは?

ハッシュタグが青くならない原因は?

ハッシュタグが青くならない原因は、以下の5つが挙げられます。

  1. ハッシュタグと単語の間にスペースがある
  2. ハッシュタグの前にスペースがない
  3. 単語に句読点を入れている
  4. ♯(シャープ)を使用している
  5. Twitterで不具合が生じている

上記のうち、1〜4はツイートを投稿する前に再確認することで、正常にハッシュタグを反映させることが可能です。

しかしTwitterで不具合が生じている場合は、改善されるまで待つ必要があります。

正常にハッシュタグ化されていないと、自社のアカウントへのリーチ数が減少します。Twitterで不具合が発生している場合を覗き、ツイートの投稿はハッシュタグが正常に作用しているか確認してから実施しましょう。

ハッシュタグが意味ないといわれる理由は?

ハッシュタグが意味ないといわれる理由は、多く付けることでエンゲージメント率が落ちると言われているからです。

前述しましたが、ハッシュタグを3つ以上付けるとエンゲージメント率が17%も低下します。

ユーザーにプロモーションの参加を促したいのに、ツイートを拡散させるほどエンゲージメント率が下がっては意味がありません。

しかし、企業の認知を拡大させるために、ハッシュタグは必要です。

ハッシュタグは、1〜2個を目安に使用しましょう。

参考:How to Use Hashtags: How Many, Best Ones, and Where to Use Them

小ネタ:ハッシュタグを一覧で検索する方法とは?

ハッシュタグを一覧で検索する方法は、以下の2種類があります。

  • キーワードを検索して表示
  • トレンドから一覧で確認

まず、キーワードを検索して表示させる方法は、キーワード検索ボックスで「#〇〇」と検索するだけです。

そうすると、以下のように関連キーワードが表示されます。

キーワードを検索して表示

トレンドから一覧でハッシュタグを確認する方法は、トレンドを確認するだけです。

 パソコン画面左側の「話題を検索」を選択しましょう。

パソコン画面左側の「話題を検索」を選択

その後、画面上部のトレンドを選択することで、話題のハッシュタグを一覧で表示できます。

まとめ

Twitterでエンゲージメント率を高めるためには、ツイート内容に関連するハッシュタグを使用し、ツイートを拡散させることが重要です。

しかし、ハッシュタグ付きツイートを投稿することが一般化する中、ハッシュタグにオリジナリティを出さないと、他社と差別化できません。

他社の魅力的なツイートに埋もれてしまい、リーチにつながらないでしょう。

そのため、企業のSNS担当者はターゲットユーザーにツイートが届くように、ハッシュタグを選定しなければいけません。

株式会社Kazeniwaは、SNS運用代行を実施するマーケティング会社です。過去には、大手家電メーカーのTwitter運用を担当し、アカウントの立ち上げから1年間でフォロワー10万人を達成いたしまいた。

株式会社Kazeniwaでは、Twitterに精通した専任担当者が貴社に取材をします。

そして、魅力を発掘してから適切なハッシュタグを付けて、ツイートを投稿するため、エンゲージメント率の向上につなげられます。

ぜひこの機会にお問い合わせください。

この記事を共有する